金型づくりの現場

先輩社員に聞く魚岸精機工業の仕事

それぞれの分野の仕事の面白さや大変さ。魚岸精機工業で働いていて良かったこと。
実際に魚岸精機工業で働く先輩社員に、インタビューしてみました。


01 / 設計 設計は、積み上げた経験のアウトプット。常に最良を目指す。

生産技術課の課長として部署の管理指導をしています。同課は金型の設計部門。図面を引き加工プログラムを作るところです。たくさんのお客さまとお付き合いがあり、その要望は千差万別。 これに柔軟に対応することが求められます。そのためには、設計室にこもるのではなく、お客さまと直接お会いしてヒアリングすることが非常に重要。ヒアリングを通じ、依頼を受けた金型の使われ方と問題点をしっかり把握することが大切です。 顧客である部品メーカーは不良品の割合をいかに下げるかが課題。そういったニーズに応えられるクオリティの高い金型を日々追求しています。自分の設計した金型から生まれた車のエンジン部品やホイールが、日本で、世界で活躍していることを実感するたびに誇らしくなりますね。 トップとの距離も近く、新しいことや面白いことに挑戦する背中を押してくれる会社です。自分自身の可能性を開花させたい人に入社してもらいたいと思っています。

安部 寛則

02 / 機械加工 5軸加工機で、新しい領域の金型加工を目指す。

以前は別の金型製造会社で働いていましたが、業界内でいち早く5軸加工機を導入したこの会社で仕事がしたいと思い、転職を決意しました。 製造課は、CAMからできたプログラムをもとに金型の部品を作ります。これには知識だけでなく、経験値が求められます。例えば、工場内の室温によって出来上がる部品の寸法に誤差が出てくるんです。 これを経験値から見極め、100分の1ミリ、1000分の1ミリ単位で補正しながら機械を動かします。こうやって製造しなければ金型にズレが生じ、削り直しとなって大きなロスが生じてしまうわけです。寸法が±0、つまり全く図面通りに金型が完成した時の感激は一入ですよ。 いまは新型の5軸加工機も使っていますが、新しい機械を使う時はいつもワクワクしますね。私は転職組なので会社になじめるかどうか心配でしたが、和気あいあいとした職場で、分からないことをみんなで支え合う社風だったので本当に助かりました。

棚田 章

03 / 仕上げ 金型に魂を吹き込む仕上げ作業は、精度に対する戦い。

金型を完成させる最終工程を担当するのが仕上課です。製造課が作った金型の部品を組み立てていくわけですが、パーツをただ合わせればいいというものではありません。 寸分のすき間もなく部品が合うように私たちが微調整しなければいけないのです。金型を磨き上げることも私たちの役目。機械加工した跡をキレイに磨き上げなければ、鋳造する製品に影響が出てしまいます。 大きな金型だと三、四日をかけて磨き上げることもあり、根気のいる作業。正直、最初のうちはしんどいなと思うこともありますが、ピカピカになっていくに従って達成感を感じますね。新しい金型を作ることになり、それを完成させて納品し、お客さまから一発で合格をいただいた時は最高に嬉しいですよ。 難しい金型であればあるほど燃えますね(笑)職人魂を持った上司や先輩方が、見ていないようでちゃんと見守りながらアドバイスやフォローをしてくれますから、安心して仕事に集中しています。

栄 淳也

Copyright (C) 2014 Uogishi Seiki Interactive Corpration All Rights Reserved.